keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
アトピー保湿対策は入浴後5分以内が勝負
未分類

アトピー保湿対策は入浴後5分以内が勝負

軽度ながらもアトピーをもっていることもあり、普段から保湿にはかなり気を使っている方だと自覚しています。
そんなわたしがなにより大事にしていること、それは「入浴後、必ず5分以内に保湿をする」ということ。
あたまや体をふいて乾かしたら、できるだけはやく保湿を始めます。
その理由としましては、入浴後、水分が蒸発すると同時に肌がもっとも乾燥してしまうからです。

高い化粧品や保湿剤を使うよりも、できるだけ早く保湿を行うことが大切です。
蒸発してしまう前にしっかり保湿をして、潤いをとじこめます。
また、保湿のクリームやローションも肌の部位に合わせてつかうことが大切です。
顔や手足は化粧水やクリームがたくさん販売されておりますので、部位ごとの使い分けもイメージがわきやすいかと思いますが、顔の中でも目の周りのアイクリームと顔全体のローションのように使い分けるのと同様に、足でも太ももなどと膝まわり、上半身でも首回りとおなかまわりなどでは適した保湿剤が異なります。
足の甲や指、頭皮は忘れがちではありますが紫外線の影響を受けやすい場所でもありますのでしっかり保湿することが大切といえます。
全身をしっかりケアすることで、寝ている間にふとんなどとの摩擦で肌が痛むことも防げます。
適切なタイミングで、部位に合わせた保湿剤を使うことが何より大切だと考えています。

※おすすめは無印のスウィートアーモンドオイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です